顔を小さくする方法~骨の歪みを取る!

生まれつき顔の骨格がしっかりしている人、顎が発達している人は、もしかしたら理想とする小顔になることは難しいかもしれません。
でも、極端な理想はひとまず置いておいても、もしかしたら自分が思っているよりは、もともと小顔に生まれているのかもしれません。
というのも、頭蓋骨の骨のズレが原因で顔が大きく見えている場合が少なくないからです。

image 頭蓋骨、特に顎の関節にはズレが生じやすく、それが原因でたるみが起きたり、エラが張って見えたり、下ぶくれになったりしている場合があります。
これを解消するには専門家の技術が必要な場合が多いですが、別にメスを入れる必要もなく解消出来る可能性もあります。

カイロプラクティクなどでは小顔矯正などのコースもありますし、プロに言わせるとある程度の小顔を作るのは簡単なことだと言います。 思い切って専門家にお願いする方法もありますが、自分で自宅で努力することで徐々に歪みを直していく方法もあります。

まず、顎がゆがむ原因は、食事の時に片方の歯でばかり噛んでいる、食いしばりや噛み締めをしている、頬杖をつく、横向きで寝るなどといった習慣があります。
まずはこの悪しき習慣を直すことが第一。
もし虫歯や歯並びのせいで起こっているなら、まず行くのはカイロプラクティクではなく歯医者ですね。

割り箸などを噛んで歪みを矯正する方法もありますが、口を開けてから自然にゆっくり閉じていって、最初に噛み合う部分が出っ張っている部分です。
最初に当たった場所の反対左側で箸を噛む、奥歯が先に当たるなら前歯で噛むというように、あたっていない歯のほうで噛むことで、歪みを矯正する方法もあります。
すぐに結果が出るものではないですが、歪みを放置するより賢明ですね。