小顔に見せるテク~ヘアスタイル

小顔を作るためにはメイクも大事ですが、ヘアスタイルも大事です。
ポイントは、やはり立体感と奥行きを出すこと。
「隠し過ぎずに、でも隠す」というテクニックが必要です。

ロングヘアの場合は、断然ゆるふわ系のウェーブを付けるのがおすすめ。

フェイスラインの周りに一掴みだけ残して、後はアップして後頭部の高い位置にお団子を作ると非常に効果的です。
頭の上の後ろのほうにボリューム感があるので、顔の面積がとても少なく見えます。
前髪は重めに下ろしても分けても可ですね。

ゆるふわ系ウェーブは、ただ後ろでひとつにまとめただけでも無造作感の中にボリューム感が出るので、顔を小さく見せてくれます。
額や耳のまわりには遊びをもたせるのがポイントです。

ショートボブ系の人も、やはりゆるふわ系ウェーブは無敵。

全体的に巻いて遊びを持たせると、そちらの面積が広くなるので顔を小さくしてくれます。
無理に頬を隠し過ぎるのではなく、あくまでも無造作に髪がかかったような雰囲気でエラを隠すのは有り。

トップで少し留めて、ヘアアクセを付けるのも効果的です。

ちょっとおすすめ出来ないのは本当のショートヘアなのですが、好みや事情で短くしている人もいるでしょう。
その場合は派手目な柄のスカーフをヘアアクセのように頭に巻くなど、小物のチカラを借りると良いでしょう。

顔を隠すような帽子などは逆効果ですから、顔は見せつつ、目線を頭に持って行くようなボリュームの出し方が正解です。